2017年11月19日日曜日

健康であることの有り難さ

仕事から戻ると汚れ物と洗剤を洗濯機に放り込んでスタートボタンを押した、洗い上がりまでは45分ほどかかる、その間に晩メシの用意でもしておこうとしたが野菜が足りないので買い物に出掛けた。

たっぷりの小松菜を薄揚げと煮浸しにしよう、多めにブロッコリーも茹でようか、そんなことを考えながら店の入口を入ったところには少しずつ歩く杖をついた男性がいた、右半身が不自由なのだ。

私はその人を相当昔から知っている、会話をしたことなどはない、最初目にしていた頃はいつも仕事帰りのようで原付バイクでやって来ていた、袖や裾が機械油のような汚れのある作業着姿で、がっしりとした太い体と力強い大股の歩き方が印象的だったのでよく覚えている。

2017年11月18日土曜日

厳しきノルマ

午後に郵便局へ行った、メルカリで売れたCDをメルカリ便で発送するためである、2次元バーコードを局員に提示し伝票を出してもらいサイズ60の箱に貼ったビニールの伝票入れに収めた。

今回はCDの枚数が多く厚さが3cmを余裕で超えるのでクラフト封筒に収めたゆうパケットではなく箱に収めてのゆうパック扱いなのだ。

ふと、局内に「年賀状」の文字が目立つ、販売は今月に入ってからだろうから既にそこそこな枚数が売れているのかもしれないし、年々年賀状の枚数は減っているらしいのでそれほどでもないのかもしれない、いずれにせよ売るのに躍起だ。

2017年11月17日金曜日

シュークリームといちごタルト

久しぶりにJR箱崎駅の裏へと散歩をした、元レンタルビデオ店だった場所にはコンビニが営業していてそこでUターンをして戻って来た。

その途中にある洋菓子店は「Chez Quano(シェ・クアノ)」、訳せば「クアノさんのとこ(家)」とでもなるのだろうか。

私は和菓子洋菓子を問わず甘いものが好きで度々あちこちの店で買い求めてはいるがJR箱崎駅近くのその店では数えるほどしかない、世に言う旨い店はたくさんあり、順に立ち寄ったとしてもその同じ店に再び順番が巡ってくるまでにはかなりのスパンが必要となるからである。

2017年11月16日木曜日

帽子が臭う人はたまにいる

親しい人の中で帽子を被っている人は多い、夏場の直射日光を避けたかったり、短い髪の間を通り抜ける冬場の風を避けんがためだけではない、装いの一部なのだ。

私も普段から帽子を被っている、特に夏の昼間はジリジリと身を焦がすような日差しから狭い陰ながら守ってくれるので手放せない。

キャップタイプにしろハットタイプにしろ、しょっちゅう外出時のお供として使われる帽子なので早いうちに汚れてしまう、特に夏場のオヤジの皮脂で額の部分などは2週間もすればどうしてこんなにと思うほどすっかり汚れてしまうのだ、まあ、それだけ私が脂ぎっているということ以外ないのだが、こうやって文字で書くと小汚さが際立ってしまう。